印刷機についてご紹介

コピー機の違い

皆さんコピー機といっても
一種類ではありません。
専門的な知識がない場合は
そんなに種類があるとは思いません。
ではどんなモノがあるのか、
どんな違いや特徴があるのかを
調べていきましょう。

コピー機のほかに複合機、印刷機があります。

コピー機というのは複写の機能が付いた物をいいます。
この複写機能にFAXや送受信機能など
たくさんの機能がついたモノを複合機といいます。

最近はコンビニなどでもこの複合機が取り入れられています。

また印刷機というのは新聞や発行部数の多いモノなどを
大量に高速な印刷が必要な場合はこれが使用されます。
オフセット枚葉印刷機やオフセット輪転印刷機などがあります。

複合機の長所

最近の複合機には多用な機能が含まれています。
例えばコピー機能の中に割り込みコピーや
両面コピーがあります。
製本機能がついているモノもあります。

印刷機の長所

印刷機というのは、マスターと呼ばれる
版を作成し、そこにインクをのせ、圧着する
事で資料を複製するモノです。

長所としては
資料などの同じモノを大量に
しかも早く印刷する事が出来る事です。
また。一枚当たりのコストが安いので
100円程度で1000枚の印刷ができます。

複合機の短所

同じモノの大量印刷には印刷機に比べ
本体価格が割高となる。
レーザープリンターなどに比べると機械
の値段が高い

日本のオススメ冊子印刷業者をご紹介
※対応が丁寧でおすすめできます。
オススメの冊子印刷会社

印刷機の短所

多種類の資料の印刷では、手間がかかる。
またカラー印刷ができないので写真印刷に向かない。

このように一般的にコピー機と
いわれるモノには種類があります。
最近のオフィスなどでは大体
「複合機」と「印刷機」の両方がセットで
ある事が多いです。

補足ですが
「複合機」の中には
スキャン機能+FAX+ネットワーク
が機能として、上がってきます。

スキャン機能というのは
写真、絵、文字などを読み込み
それらをデジタル化してしまう事をスキャンすると言う。
白黒データとして保存するスキャナーとフルカラーデータとして
保存できるカラースキャナーがあります。

ネットワークというのはいわゆるインターネット
の事です。

このように最近の機械には
様々な機能がついていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です